2014年06月26日

臨床研究は誰のための研究なの?

●(できごと):今度は国家プロジェクトのアルツハイマーの臨床研究でデータの信頼性が疑われている。

■(気づいたこと):医師主導の臨床研究のあり方を根本から作り直すべきだ。

◆(教訓):医師と製薬会社側の両方の意識改革が必要。

★(宣言):何のための研究なのか、もう一度、考える。真実探究? 偽りの成果主義? 患者のためのEBMはどこに行ったの?


̲
posted by ホーライ at 02:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 製薬業界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。