2014年08月14日

罪の意識も無いとは言えない。

●(できごと):夏休みに突入

■(気づいたこと):これと言った予定もなく、しばらく母の見舞いにも行ってない。

◆(教訓):無意識に母を遠ざけていたのかもしれない。

★(宣言):涼しくなったら、行かないと。

弟が主治医になったので任せている、という意識もある。

母は褥瘡ができて発熱もよくするらしい。

会えるうちに会っておかないと。

忙しさを口実にしている自分が夜の底にいる。


posted by ホーライ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。