2014年08月28日

「多忙」という理由

●(できごと):そう言えば、僕の会社では、今年からTOEIC受験が必須となった。

■(気づいたこと):だからと言って、TOEIC研修の受講生は増えない。

◆(教訓):多忙な人は何があっても多忙。

★(宣言):「多忙」という理由は、どんな場合にも使える便利な言い訳だよね。


posted by ホーライ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

月日の流れの速さに唖然としてはいるが

●(できごと):なんだかんだと言って、8月も後半へ。

■(気づいたこと):今年も残りは4か月弱。

◆(教訓):だからと言って、何かを焦るわけではない。

★(宣言):淡々と暮らしを積み重ねて、54年。今さら、このスタイルを変えるのは難しい。

(諦めが早い。これまた、帰るのは難しい。と諦めが早い。)

posted by ホーライ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の人生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

本当のことを言えば、時に僕たちは患者のことを忘れる。

●(できごと):夏休みが終わる。

■(気づいたこと):患者には夏休みも正月もない。

◆(教訓):だから、365日、僕たちは治験のことを考える。

★(宣言):休日であっても、患者の病苦は忘れないこと。(SAEの発生だって有りうる。)


posted by ホーライ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 治験のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

街と生きる

街が眠りにつく頃に僕は覚醒する

僕が眠りにつく頃に街は活気づく



裏と表のコインの顔が違うように

僕も街も顔を変えている



騒音を子守唄にして育った僕に

街は何もかも隠してくれた



僕はこっそりと薄目を開けてお昼の街を眺めた

昼間の街はとても健康そうだ


明日からは街とともに起きて、街とともに眠ろうか

それがいいと公園の鳩が鳴いていた
posted by ホーライ at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 4行詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過保護な我が家(父も母も)

●(できごと):次女が実験するために大学に行きたいが夏休みでスクールバスが無いので、大学まで車で送って欲しいと。

■(気づいたこと):喜んで親が車で送っていった。(自宅から学校まで車でなら30分ぐらいで行ける。)

◆(教訓):我が家は過保護だ。

★(宣言):早く親離れ、子離れしないと、いけないよね、と言いつつ、子どもに対しては決して無関心にはなれないだろうな。バランスが難しい。。。。

posted by ホーライ at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

そこまで似るか?

●(できごと):たまに息子のブログを読みにいっている。

■(気づいたこと):すると息子が「詩」を書いていた。

◆(教訓):蛙の子は蛙。

★(宣言):負けないぞ!(親がむきになるな!!)


posted by ホーライ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこまで似るか?

●(できごと):たまに息子のブログを読みにいっている。

■(気づいたこと):すると息子が「詩」を書いていた。

◆(教訓):蛙の子は蛙。

★(宣言):負けないぞ!(親がむきになるな!!)


posted by ホーライ at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

「継続だけが力」だ

●(できごと):英語のトレーニングを相変わらず続けている。

■(気づいたこと):意外と楽しい。

◆(教訓):人間は「知る」ことに喜びを感じる。

★(宣言):喜びを感じたら、英語のトレーニングですら苦痛ではなくなる。(むしろ、面白い。)


posted by ホーライ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己学習のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

罪の意識も無いとは言えない。

●(できごと):夏休みに突入

■(気づいたこと):これと言った予定もなく、しばらく母の見舞いにも行ってない。

◆(教訓):無意識に母を遠ざけていたのかもしれない。

★(宣言):涼しくなったら、行かないと。

弟が主治医になったので任せている、という意識もある。

母は褥瘡ができて発熱もよくするらしい。

会えるうちに会っておかないと。

忙しさを口実にしている自分が夜の底にいる。
posted by ホーライ at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

季節の流れに逆らって

●(できごと):この時間(午前1時47分)、涼しくなってきた。

■(気づいたこと):夏も半分、過ぎてしまったんだね。

◆(教訓):季節を忘れて仕事をするのもなんだな。

★(宣言):季節を忘れる、お前が悪い。


posted by ホーライ at 01:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

家族が成熟し、家族が生まれる


●(できごと):薬が変わったせいか、今日は半日、寝ていた。

■(気づいたこと):僕が半日、寝込んでいても、家族は問題なく、楽しんでいる。

◆(教訓):家族が独り立ちし始めた。

★(宣言):こうして、家族は成熟していき、そして、また新しい家族が生まれる。

posted by ホーライ at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

せっかくのインターンシップなのだから

●●●せっかくのインターンシップなのだから

●(できごと):インターンシップが始まった。

■(気づいたこと):ここでしか聴けない情報も話に盛り込む。

◆(教訓):学生は本当は何をしりたいかを見抜く。

★(宣言):学生の心をアイスブレイクして、本音のトークをしかける。


posted by ホーライ at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

3か月が限度でしょう

●(できごと):11月に社内でTOEICを受験することにした。

■(気づいたこと):集中力が発揮できるのも3か月が限度だ。

◆(教訓):集中しろ!

★(宣言):3か月だけなら、朝から晩まで、隙さえあれば英語のトレーニングができる。(なので、集中TOEIC強化期間は3か月が限度だ。)


posted by ホーライ at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己学習のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

夢ぐらい見させてよ(その3)

●(できごと):そう言えば「はがき」という僕の小説を「ホーライ製薬」からリンクをしていたことを思い出した。

どこからリンクを張ったか忘れたので、グーグルで検索して見つけた(^^;)

■(気づいたこと):本当は「はがき」「eメール」「携帯メール」の3部作を公開していたのだけど、「はがき」だけ見つかった。


ホーライ作「はがき」
   ↓
http://horaiseiyaku.web.fc2.com/hagak1_1.htm


◆(教訓):その気になれば、作家に成りたいという夢(妄想に近いけど)は形にできる。

★(宣言):大事なことは「何かを書きたくて、書きたくて、しょうがない」という湧き上る気持ちだけ。

本気で作家になりたい人、詩人になりたい人は、放っていても自然になっている。

僕はまだ「本気度」が低いってだけだね。

人は本当の夢を日々の忙しさにかまけて誤魔化し、夢を忘れたふりをしている。


posted by ホーライ at 03:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

夢ぐらい見させてよ(その2)

●(できごと):息子は作家になりたいらしい。

■(気づいたこと):僕も若い頃、作家か詩人に成りたかったが、けっしてそれで食べていけないだろうと、現実と妥協し、薬剤師になった。

◆(教訓):自分の夢に対してピュアに生きることは時には厳しい現実との戦いだ。

★(宣言):いつまで夢を捨てないで生きていけるのだろう?息子も僕も。


posted by ホーライ at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

吉祥寺の井の頭公園で僕は「谷川俊太郎」の詩集を開いていた。

大道芸人が口から火を噴いて、公園の池の鯉が飛び跳ねた。

詩集を読み始めると僕は詩人になれる、という幻想を抱く。

大道芸人が僕を呼び出し、ボーリングのピンを僕の頭の上をかすめさせた。

その時、谷川俊太郎のように僕は茫然とした。

時代に、芸人に、僕に、詩集に。

あなたがもう来ないと分かったことに。

posted by ホーライ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 4行詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。